| Subcribe via RSS

子育てしやすい家

4月 18th, 2018 | コメントは受け付けていません。 | Posted in 住まいに関するあれこれ

女性は、家事や育児に加えて外で仕事を抱えている人も多いです。多くの女性が住宅に求めることの一つが、子育てしやすい家であることです。お互い安心できて、ちょうどいい距離感を保てる空間造りを心掛けたいものです。ママの多くは一日の大半をキッチンで過ごします。このキッチンからの目線に注目しましょう。

リビングやダイニングとの一体感を最優先に考えるのであればフルオープンキッチンがいいと思います。広さに余裕があれば部屋の中央にキッチンが島のように浮かぶアイランド型にするとキッチンへの動線がスムーズになり家事の効率を高められたり、家族がキッチンへより近寄りやすくなります。そのキッチンの前にダイニングを配置し、ダイニングの一角にスタディーコーナーを設けます。

夕飯の支度をしながら、目の前で子ども達が勉強している姿を確認できるので家事と育児の両立がしやすく、子どもも分からないところがあればすぐに母親に質問でき、勉強を円滑に進めやすくなるのです。子どもも母親もお互いのことを近くに感じながら安心して勉強や料理に集中できます。そして、ダイニングの奥には和室を設けておきます。ダイニングとリビングを繋ぐ回遊型動線の和室は、子どもが遊ぶスペースとしても最適です。キッチンで家事をしながら子どもが遊んでいる様子や昼寝の様子が把握できると母親は安心できるものです。

スタディーコーナーは子ども達が二人並んで勉強ができるように横幅を確保し、正面には時間割や学校からのプリント、家族からの連絡事項などを貼れるコミュニケーションボードを設けて、大事なことがしっかりと目に留まるようにしておくのです。家事を育児の両立がしやすい住まいを目指しましょう。

Tags:

家事コーナー

1月 29th, 2018 | コメントは受け付けていません。 | Posted in 住まいに関するあれこれ

洗濯物を洗う・干す・たたむ・しまうという作業が同じ空間で行うことができれば家事の効率が高まると思いませんか。最近ではこの夢のような空間が住宅に設けられています。主婦の憧れとも言える家事コーナーを設けて、家事の効率を高め家事の時短に繋げましょう。

この家事コーナーはキッチンと洗面室を繋ぐ形で配置することで家事動線が短く、そしてスムーズに行き来が行えるようになります。洗面室と家事コーナーは建具を設けず一体化させる造りにすることもありますし、建具で仕切って個室としても利用できるようにすることもあります。

家事コーナーをママの居場所として考え、家事や育児の合間にママの時間を大切にしたいという考えがあれば個室として利用できるようにしておくといいでしょう。洗面室と一体化させた造りにすることで行き来の際に扉を開けたり閉めたりするワンアクションが減り、移動のしやすさを確保できます。天井には室内物干しを設けておきます。悪天候時や花粉や大気汚染の飛来で屋外に洗濯物を干すのに抵抗を感じる日にはこの室内物干しが活躍します。

また、共働きで夜洗濯を行う家庭や、外出して帰宅が遅くなる場合にもこの室内物干しがあると毎日の家事を円滑に進められるのです。ここで干した洗濯物をたたんだり、アイロンがけを行えるようにカウンターを設けておきます。スペースに余裕がない場合は開閉式にして、利用する時だけ出して後は壁にスッキリと収めておくことで作業のしやすさが得られます。壁には天井いっぱいに広がるクローゼットを設け、タオル類だけでなく、下着や部屋着などもしっかりと収納できるようにしておけば入浴の事前準備も楽になりますし、家族にとっても着替えがスムーズに行えるようになります。このようなスペースを設けて、家事のしやすさを高め暮らしやすい家を目指しましょう。

Tags:

狭い場所での簡単収納

10月 24th, 2017 | コメントは受け付けていません。 | Posted in 収納

トイレットペーパーの収納は、むき出しでなく、ましてビニール袋に入れたままではなく、キレイにしまいたいものです。小さな収納ボックスをつけてしまえば良いのですが、それほどスペースに余裕がない場合は、どうしたらよいでしょう。
そんな時は壁面に吊り下げることを考えます。簡単でローコストなアイディアを紹介します。

★材料と作り方
100円商品を上手に組み合わせて使います。文具売り場へ行って、A4サイズのクリアホルダーとカードリングを購入し、DIY工具売場でハトメ(紐を通す穴に取り付ける環状の金具)パンチと突っ張り棒を買います。
A4クリアホルダーは、短い方の1辺をカッターで切り裂き、A3サイズの開き状態にする。
クリアホルダー長辺の輪になっていない方に、ハトメパンチで2箇所ハトメ穴を作ります。穴をあける前に、キリで小さな穴をくり抜いておくと良いです。
もう一つ下に連結するために、クリアホルダーの輪になっている方にも2箇所のハトメ穴をあけ、ホルダー同士をカードリングで連結します。
このクリアホルダーのパーツを必要数だけ製作し、トイレの壁と壁の間に突っ張り棒をセットします。
その棒に、連結したクリアホルダーをカードリングで吊り下げます。

★吊り下げ収納
ホルダーを2列吊り下げ、片方にトイレットペーパー、もう片方にはタオルを収納しても良いでしょう。
クリアホルダーは2辺がオープンになっているので、出し入れが簡単にできます。A4のクリアホルダーのサイズは、トイレットペーパーのロールに対してちょうど良い大きさです。
洗面所やキッチンでも突っ張り棒がセットできる状況ならば、手軽な収納法として応用できます。

Tags: ,

ママのワークスペース

5月 24th, 2017 | コメントは受け付けていません。 | Posted in 住まいに関するあれこれ

我が家のキッチンの横には主婦である私のワークスペースを設けています。家事は立って行うものばかりではありません。座って裁縫をしたり、家計簿をつけたり、子ども達のスケジュールを管理したりもします。これらを行うワークスペースがあることで子ども達に邪魔されることなく円滑にこれらの家事を行えます。

また、家事や育児の合間の休憩スペースとしても最適です。キッチンで煮込み料理をしている少しの時間でも有効活用できるのです。煮込んでいる間にホッと一息コーヒーを飲んだり、パソコンを開いて休憩することができます。自分の居場所があることで自分の時間をより大切にできるようにもなるのです。

ここで自分の時間を過ごしながらも、リビングで過ごす家族との一体感は得られますし、子ども達にも目が行き届くことで安心感も得られます。横幅のあるカウンターを造り付け、リビングとの境には程よい高さで区切った腰壁を設けました。腰壁から天井までは面格子のオープン棚を設け、ここに雑貨を飾っています。腰壁とこの面格子が空間を緩やかに区切ってくれるため、ワークスペースで過ごす時間は個室にいるかのような感覚が得られています。

空間の繋がりとメリハリがあることでワークスペースとリビングの居心地の良さがより高められています。横幅のあるカウンターの下には可動引き出し収納を設けています。ここには書類やパソコン関連用品などをカウンターで使用するものを収納することができていますし、引き出し収納を移動させてサイドテーブルとして利用させることもできるのです。自分の居場所があることで家事をより楽しみながら行うことができています。

Tags:

二階ホール

3月 8th, 2017 | コメントは受け付けていません。 | Posted in 住まいに関するあれこれ

通常、階段を上がった二階のホールはただの通路となりがちです。しかし、最近ではこの二階ホールや二階の廊下を有効利用した家造りが積極的に取り入れられています。我が家は二階のホールが6帖の広さもあります。このホールから各部屋へ行き来をするため廊下はありません。廊下がないことで各スペースを広々と有効活用できています。

ここの天井には室内干しを設けています。悪天候時や夜洗濯を行う時はこの室内干しが重宝します。洗濯物を干す際には目線の高さまで降りてきて、使わない時は天井にスッキリと収まるため空間がスッキリします。

そして、昼間はキッズスペースとして、夜は寝る前のファミリースペースとして利用しています。今までリビングに並べていたおもちゃをこの二階ホールに整理するようになり、リビングにおもちゃが散らかりにくくなりました。子ども達ものびのびとおもちゃを広げて遊べるスペースがあることで喜んでいます。ここにはカウンターを造り付けているため、将来的にはスタディーコーナーとして利用させる予定です。今は、主人が書斎スペースとして利用することもあります。

寝る前は寝室からより近いこのスペースが家族団らんの場となっています。一階のリビングとは全く違う家族の時間が流れています。絵本を読んだり、家族みんなでトランプやゲームをしたり、コミュニケーションをより深められる空間が広がっているのです。二階ホールをこのように多目的に利用できることで住まいの満足度も高められているだけに、ただの通路とするのではなく、憧れのスペースを設けたり、家族のコミュニケーションの場として活躍させるのもいいと思います。

Tags:

浮造りの床

10月 5th, 2016 | コメントは受け付けていません。 | Posted in 住まいに関するあれこれ

我が家は肌が直接触れることの多い床にこだわりました。まず素材は地元の杉を使用した無垢材です。無垢材を使用することで木の本来の木目の美しさや温かみを感じられるのです。この無垢材の床に浮造り加工を施したのです。浮造り加工とは、木材の加工方法の一種で、木の表面を丁寧にこすり、年輪を浮き上がらせるものです。自然な凹凸が足の裏を優しく、心地よく刺激してくれるのです。立体感が生まれ、木の風合いを目と肌で味わうことができます。

足裏を刺激することで、身体のバランスが良くなり、肩こりや腰痛、偏頭痛などの予防に効果があります。また、可視光線を吸収して眼精疲労を防ぎます。湿度調整効果があるため、冬は暖かく、夏はひんやりした感触が得られるのです。そして一年を通して素足で暮らしを楽しめ、自己治癒力が高まるのです。床は直接肌が触れることが多いだけに使用する素材やその加工までこだわることでより居心地のいい空間が広がりやすくなるのです。

子ども達にとってもこの浮造り加工は魅力があるのです。偏平足防止や滑り止めになり、フィットンチットの効果で心と身体を癒してくれるのです。この床はあえて塗装をしませんでした。塗装をしないことで木の香りが漂う室内となり快適性をより高めてくれるのです。合板フローリングが多く普及していますが、それに比べると少々割高な素材ではあるのですが、その分魅力をしっかりと感じられる空間が広がるのです。

Tags:

ハウスシックに悩まされない家

7月 29th, 2016 | コメントは受け付けていません。 | Posted in 住まいに関するあれこれ

住居内での室内空気汚染により、様々な健康障害を総称してシックハウス症候群と呼ばれています。最近ではハウスシックに悩まされている人も少なくないのです。近年、住宅の高気密・高断熱化が進み、新建材を呼ばれる化学物質を含有した建材を多く用いたことにより、室内空気が化学物質に汚染され、そこに住む人の健康に悪影響を及ぼしてしまうのです。住宅購入は人生最大の買い物です。そこだけにせっかく購入したマイホームがこのように健康を損なってしまうような住まいでは意味がありません。ハウスシックに悩まされることのない住まいを手に入れましょう。

シックハウス症候群の症状は個人差が大きく、症状の多岐にわたります。目の痛みやかゆみ、鼻水、鼻づまり、せき、吐き気、肌荒れ、めまい、頭痛、耳鳴り、下痢などが挙げられます。はっきりとした症状を示さなかったり、症状が移行していくことも多いため、なかなかシックハウス症候群だと本人も気づかないことが多いのです。

そこで家造りを行う際には素材に注目してほしいと思います。我が家は、健康・安全・安定性にこだわった塗り壁材である琉球漆喰を取り入れました。化学接着剤や化学塗料を全く使用していないので、とても体に優しい壁材です。塗り壁は、調湿作用に優れています。夏は湿気を吸収し、冬は水分を供給して湿度調整を行います。これは日本の家屋に最も適した素材と言えるのかもしれません。また人体に悪影響を与えると言われているホルムアルデヒドを吸着する効果もあると言われているので、住まいに住む人の健康をしっかりと守ってくれるのです。シックハウス症候群に悩まされることなく快適な生活を送れる家を目指しましょう。

Tags:

和室への動線

5月 19th, 2016 | コメントは受け付けていません。 | Posted in 新築

間取りを決める際、和室をどこに配置するか頭を悩ませる人も多いです。和室の配置は、和室をどのように利用したいかで大きく変わってきます。以前までは、玄関近くに独立した和室が設けられることが多かったです。しかし最近では、リビングを広々と確保し、その一角に和室を設けたり、リビングの延長上に和室を設けたりとリビングに繋がった和室が設けられることが多いです。

普段はリビングとの境に設けた建具はオープンにしておき、リビングの延長として和室を普段使いする便利な空間とさせることができるのです。子どもの昼寝スペースとして利用したり、和室を宿泊ルームとして利用する場合には、建具で区切って和室を個室として利用できるのです。いろいろな利用方法があることからリビングに隣接した和室が多く取り入れられているのです。

しかし時には、リビングを見られたくないお客様を家にお通ししないといけないこともあります。このような場合には、客間として利用できる和室が設けられます。しかし客間として利用する機会はほとんどないだけに、普段は子どもの遊び場や昼寝スペース、家事を行うスペースなど普段使いできる和室が求められるのです。そこでこの両方の願いを叶えるには、和室への動線を2方向得るのです。玄関から直接和室へ行ける動線があれば、リビングとの境の建具で区切っておけば、和室を客間として利用できます。普段はリビングとの境の建具は開けっ放しで、LDKからの動線を確保するのです。このように2方向の動線を得ることでより和室の便利さや使い勝手さが高まるのではないでしょうか。

Tags:

サンルームのある暮らし

3月 16th, 2016 | コメントは受け付けていません。 | Posted in 住まいに関するあれこれ

室内でもない屋外でもない特別な空間となるサンルームを設けてみてはいかがでしょうか。私が先日遊びに行った友人宅にはこのサンルームが設けられていました。サンルームをリビングの延長として楽しむことができます。リビングに繋がったサンルームは、リビングをより広々と開放感たっぷりにすることができます。夜空を眺めながら夫婦で晩酌をする場として利用したり、ペットや子どもが遊ぶスペースとして利用したり、洗濯物を干すスペースとして利用させることもできます。

自然の明るさをたっぷり採りこめ、天候に合わせて上面や側面に設けられた扉を自由に開閉して空間をアレンジすることもできます。自然と隣り合わせの空間を味わうことができるのです。リビングの延長として幅広い楽しみ方を味わえ、雨の日などの悪天候時でも快晴時でも天候に左右されることなく洗濯物を干す実用性の高さも主婦にとっては嬉しいものです。雨の日には扉を全て閉めて、快晴時はフルオープンにして風や日差しをたっぷりと採りこみます。

サンルームのデメリットは、夏は高温になり、冬は寒さを感じてしまうことでしょう。夏場は日よけやカーテンなどで日射しをしっかり遮りながら、エアコンなどで快適性を保てるようにしましょう。増築に比べて気密性が低いので冬場は寒さを感じやすいのです。二重窓を取り付け断熱性を高めて暖かさを保てるようにするといいのです。サンルームのデメリット対策をしっかり行い、一年を通して自然と隣り合わせの暮らしを楽しめる家にしてみてはいかがでしょうか。我が家もその友人宅を訪れ改めてサンルームの魅力を感じました。

Tags:

キッチンに腰壁

1月 8th, 2016 | コメントは受け付けていません。 | Posted in 住まいに関するあれこれ

我が家のキッチンには腰壁を設けました。最近では腰壁がなく、キッチンからフラットにカウンターが伸びているフルオープンキッチンが人気となっています。このキッチンスタイルは、リビングやダイニングとの繋がりをより感じられ、キッチンで家事をしながらでも顔を見て家族とコミュニケーションが取りやすいのが魅力です。きれいに片付いている時は魅せるキッチンとして存在するのですが、調理中や調理後の片付いていない時はその状況がリビングやダイニングから丸見えになってしまい見た目にいいものではありません。

私はそれに抵抗を感じ、キッチンの前に腰壁を設けました。腰壁を設けてもLDKの一体感を損なうことはほとんどありません。むしろ手元部分をしっかりと隠すことができるのでキッチンが片付いていない状態の時でもリビングやダイニングから見られることはありません。またこの腰壁を設けたことで、壁の厚みを利用して調味料入れのニッチを作ることができました。作業スペースに並べていた調味料をニッチ内に収められるようになったことで、作業スペースをより広々と調理がしやすいスペースとすることができています。

またこの腰壁を利用してカウンターを設けました。このカウンターがカフェのような雰囲気にもなっています。このカウンターではパソコンをしたり、将来的には子ども達のスタディコーナーとして利用させようと思っています。携帯を充電する時やパソコンをすることからカウンター上部にはコンセントを設けました。またスタディコーナーとしても利用させることからカウンターの端にはオープン棚を設けて、パソコンをしまったり、勉強道具を一時置きできる収納スペースとして利用させる予定です。キッチンに腰壁を設けたことでキッチン周りが充実した空間となっています。

Tags: