| Subcribe via RSS

和室への動線

5月 19th, 2016 | 和室への動線 はコメントを受け付けていません。 | Posted in 新築

間取りを決める際、和室をどこに配置するか頭を悩ませる人も多いです。和室の配置は、和室をどのように利用したいかで大きく変わってきます。以前までは、玄関近くに独立した和室が設けられることが多かったです。しかし最近では、リビングを広々と確保し、その一角に和室を設けたり、リビングの延長上に和室を設けたりとリビングに繋がった和室が設けられることが多いです。

普段はリビングとの境に設けた建具はオープンにしておき、リビングの延長として和室を普段使いする便利な空間とさせることができるのです。子どもの昼寝スペースとして利用したり、和室を宿泊ルームとして利用する場合には、建具で区切って和室を個室として利用できるのです。いろいろな利用方法があることからリビングに隣接した和室が多く取り入れられているのです。

しかし時には、リビングを見られたくないお客様を家にお通ししないといけないこともあります。このような場合には、客間として利用できる和室が設けられます。しかし客間として利用する機会はほとんどないだけに、普段は子どもの遊び場や昼寝スペース、家事を行うスペースなど普段使いできる和室が求められるのです。そこでこの両方の願いを叶えるには、和室への動線を2方向得るのです。玄関から直接和室へ行ける動線があれば、リビングとの境の建具で区切っておけば、和室を客間として利用できます。普段はリビングとの境の建具は開けっ放しで、LDKからの動線を確保するのです。このように2方向の動線を得ることでより和室の便利さや使い勝手さが高まるのではないでしょうか。

Tags:

小上がりの和室

5月 6th, 2015 | 小上がりの和室 はコメントを受け付けていません。 | Posted in 住まいに関するあれこれ, 新築

従来に比べ和室のあり方が変わってきました。
以前は和室は客間としてリビングとは離して設けられていました。
しかし最近ではリビングの延長上に和室を設けるスタイルが人気になってきました。
その理由として客間にお通しするお客様はほとんど来ず、和室の使用頻度が低いことがあげられます。
もう一つ、リビングの開放感を増すためにリビングに続いた和室を設けるのです。

和室を個室にするのも、リビングの延長上に設けるのもどちらもメリット・デメリットあります。
両親が家に泊まる機会が多ければ個室の和室を宿泊ルームとして活用すれば、両親や泊りに来たお客様がゆっくりと宿泊できます。
しかし宿泊する機会がほとんどない家庭にとってはほとんど使わない和室となってしまうのです。
その点リビングの延長上に和室があれば使い勝手のいい空間となります。
子どもの昼寝の場所としてや、子どもの遊ぶスペースとして、時にママの家事ルームとして活用できます。
リビングと続いていることで親は和室で寝ている、遊んでいる子どもの様子を確認しやすいです。
またママが和室で家事をしていても子ども達は身近に親がいることで安心して遊ぶことができます。

個室としての和室とリビングの延長上に設けられた和室の中間にあたるのが小上がりの和室だと私は思います。
設ける場所はリビングの延長上なのですが小上がりにすることで和室とリビングの境をより明確に、個室としての印象も高くなると思います。
小上がりの和室にすることで畳の下の空間を収納スペースとすることもできますし、ちょっと腰をおろしたい時のイス替わりにもなります。
和室のあり方は生活スタイルに合わせて選択するといいのかもしれません。

Tags:

女の城

3月 19th, 2015 | 女の城 はコメントを受け付けていません。 | Posted in 新築

住宅の中で女の城と言えばキッチンです。
女性の多くは家造りをする際に一番キッチンを重視するのではないでしょうか。
私もその一人です。
新築住宅を建てるのですが私はキッチンを重視しています。
今人気を高めている対面式のフルオープンキッチンにしようか迷っています。

対面式のフルオープンスタイルのキッチンの魅力はLDKの一体感です。
キッチンとダイニング、リビングそれぞれの空間に壁や間仕切りを設けず一体感を高めることで空間に広がりを感じ開放感溢れるのです。
またフルオープンキッチンにすることでキッチンの存在を身近に感じ、キッチンに家族が集まりやすい環境を造り出せるのです。
また子育てをしている主婦にとっては子育てしやすいのです。
キッチンで家事をしていてもリビングやダイニングで遊ぶ子どもの様子に目が届きやすくなるからです。安心して子育てできる家になるのです。

一つデメリットを挙げるならばきれいに片付けている状態の時は見せるキッチンとして楽しめるのですが、調理中や調理後など物で溢れている状態の時は人に見られたくないものです。物で溢れて汚れていては見た目にもよくありません。
魅せるキッチンを台無しにしてしまうのです。

そこで我が家はフルオープンキッチンの最大の魅力であるLDKの一体感はそのままに、キッチンの手元を隠すように造作カウンターを設けようと思っています。
こうすることで汚れた状態のキッチンでも見られることはなく、見た目の悪さも払拭できます。キッチンは女の城です。
家事効率を高めながらも自分に適したキッチンスタイルで居心地の良さを高めたいものです。

Tags:

住宅プランニング

12月 20th, 2012 | 住宅プランニング はコメントを受け付けていません。 | Posted in 住まいに関するあれこれ, 新築

住宅のなかの間取りを考える時、スペースをある程度の用途別に分けて考えて配置していくことを「ゾーニング」と言います。リビングダイニングはパブリックゾーンと呼ばれ、家族団欒や来客の際の接客の場となります。また、プライベートゾーンと呼ばれる寝室や勉強部屋、書斎。サービスゾーンと呼ばれる生活空間(トイレやキッチンやお風呂場)があります。

プランニングを考える時に、一番に考慮したいことは、じつは生活している自分たちが心豊かにゆったりしている姿ではなく、実際の家事動線であろうといわれます。

もちろん、住まう家族皆が、パブリックゾーンに集い、そこで楽しく生活を送ることが一番の理想とする方が多いのも事実です。

ただ、住宅で生活を始めたとして、暮らしやすさに大きく関わってくるのが実はサービスゾーンなのです。料理の後かたずけをするキッチンと、洗濯をするスペース(洗面所やユーティリティなど)が隣り合っていたら、移動にわずらわしさを感じずに家事をこなせます。そこから、洗濯ものをほすデッキやバルコニーなどの動線が短ければ、より便利に感じることでしょう。

住まう時間と空間は大事ですが、この様な家事は日常から切り話して考えることができるものではありません。しかも毎日と言っていいほど同じ動線の上をルーティンワークのように行き来することになります。

この、サービスゾーンを上手く配置することによって、後のプライベートな動線とパブリックな動線を機能的に配置することもできます。それぞれのゾーニングされた目的がしっかり機能して過ごしやすい住宅空間を割り振りすることで、ストレスやデメリットの少ない住宅が出来上がることとなります。

Tags: , , , , ,

住宅ローンの控除を受けよう

1月 5th, 2012 | 住宅ローンの控除を受けよう はコメントを受け付けていません。 | Posted in 住まいに関するあれこれ, 新築

新築や不動産物件を購入する際に住宅ローンを利用する場合に、条件を満たしていれば住宅ローンの残高を元に計算された額を所得税から控除してくれます。
これを住宅ローン控除といいます。
住宅ローン控除では最大で600万円(長期優良住宅時)の控除を受けることができます。
この控除を受けることができる期間は最長10年ですので
必ずしも満額の控除を受けることができるわけではないのです。
今住宅ローンを6000万円借り入れたとします。
それで長期優良住宅を購入したとします。
現在の長期優良住宅の控除率は1.2%で控除対象の上限が5000万円です。
この場合には5000万×0.012で60万円となり所得税から60万円控除されることになります。
ただし、所得税額が60万円を越えていない場合は60万円受け取ることはできません。
これが10年間続くことで最大の控除を受けることができるわけです。
長期優良住宅でない場合には控除率は1.0%となっています。
つまりそのときは500万円の控除になります。
この控除を受ける条件は住宅ローンの返済期間が10年以上あること、登記簿上の床面積が50㎡以上であることなど多くあります。
詳しいサイトで確認してみて下さい。
増改築やリフォームのときでも控除を受けることができる場合があります。
1.大規模修繕やバリアフリーや省エネのための工事。
2.工事費用が100万円を越えていて、工事後の床面積が50㎡以上であること。
この条件を満たしていると控除を受けることができることもあるようです。

Tags: ,

金利はリスクを考える

12月 24th, 2011 | 金利はリスクを考える はコメントを受け付けていません。 | Posted in 不動産, 新築

住宅ローンには金利というものがあります。
金利というのはお金を借りた時に利子をつけて返さなければいけません。
そのときに金額では判断しにくいので利子を割合にしたのが金利です。
住宅ローンの金利は大きく分けると2つに分かれます。
固定金利と変動金利です。
細かくいうと全期間固定金利型と固定金利選択型と変動金利型です。
このうち固定金利選択型は固定金利と変動金利を組み合わせた金利タイプです。
最初の数年間は固定金利でその固定金利期間が終わると固定金利と変動金利のどちらにするのかを選ぶことになります。
選ぶ際はその時点での金利が適用されます。
全期間固定金利型は借入期間中の金利が固定されています。
つまり返済に必要な額がわかっているわけです。
あらかじめいくら必要なのかが分かっていれば返済に困るということはおきにくいのではないでしょうか。
大分の不動産会社でマンションを購入した先輩は全期間固定金利型の住宅ローンを借り入れしました。
金利は高いけれど返済額が途中で変わってしまったりすると対応できないことがあるので、安定して返していける固定金利の住宅ローンを選んだと言っていました。
変動金利型は固定金利と比べ低金利なのがいいところです。
低金利なのは返済額が変動するリスクがあるからです。
変動金利は短プラ(短期プライムレート)を基準に金利の見直しをしています。
金利が大幅に上昇していくと利息を払うだけで元金が減らない状況になることがあります。

Tags:

土地探しをしない住宅

11月 12th, 2011 | 土地探しをしない住宅 はコメントを受け付けていません。 | Posted in 不動産, 新築

住宅を購入する時に注文住宅だと土地探しが大変です。
土地探しは時間と手間がかかります。
疲れ果ててしまい諦めてしまうこともあります。
そのような土地探しをする必要がなく、土地と住宅を一緒に購入することができるのが分譲住宅です。
分譲住宅のメリットは土地探しをしなくても好条件の土地が手に入ること、土地の価格と合わせると注文住宅より安いことが多いこと、分譲住宅の場合は住宅が完成しているケースが多いので、実際に色々見ることができ比べることができること等があげられます。
住宅が完成していない場合というのはチラシなどでこれから分譲住宅ができるので先に予約をしておきませんかというような場合です。
分譲住宅を建てるような土地というのは、便利な環境にあることが多いです。
近くに駅や学校、商業施設などあることが多いです。
デメリットは建設段階を見ることができないので、住宅の品質などがわからないこと、理想通りの住宅にはまず出会えないこと、住宅のデザインが周りと似たような感じになる等があげられます。
分譲住宅を購入するときには近隣の方との付き合いも考えておかなくてはいけません。
また住宅の間取りや仕様が決まっているので、生活をそこに合わせなければいけません。
とはいっても生活をしていく内に慣れていくと思います。
友人が注文住宅を大分に購入しようとしていたのですが、結局値段が安いということと環境がいいということで分譲住宅を購入しました。

Tags: ,

諸費用も考えよう

8月 29th, 2011 | 諸費用も考えよう はコメントを受け付けていません。 | Posted in 新築

住宅ローンを借り入れする時には諸費用が必要になります。

諸費用にはローン保証料、団体信用生命保険、登記手数料、火災保険や地震保険、融資手数料、印紙税、登録免許税があります。

ローン保証料は保証会社に連帯保証をしてもらう場合に必要になってきます。返済の期間や借り入れした金額によって値段が異なってきます。何十万円とかかります。一括で払う方法と住宅ローンに組み込んで支払う方法があります。

団体信用生命保険はローンを借り入れする時に加入する保険です。この保険に加入しておくことで万が一死亡した場合にローンの返済が必要なくなります。民間の金融機関で借り入れした場合には、ほぼ加入しなければいけません。

登記手数料は、抵当権設定登記の手続きをする時に代行してくれる司法書士に支払う手数料です。火災保険は返済が終わるまでの期間加入しておく必要があります。

地震保険は入らなくても良いのですが、もしもの時に備えて入っておいたほうがいいでしょう。火災保険に入っていても、地震が原因で起こった火災は保証されません。

そのような場合には地震保険に入っておくことで保証されます。

融資手数料には事務手数料などがあります。事務手数料は金融機関に支払うお金です。

印紙税は金銭消費貸借契約書に必要になります。500~1000万円のときは1万円、1000~5000万円のときは2万円になります。登録免許税は抵当権設定登記のときの税金です。

合計で大体住宅ローンの10%ほどが必要になってきます。

Tags:

住宅会社の候補は多めに

7月 11th, 2011 | 住宅会社の候補は多めに はコメントを受け付けていません。 | Posted in 新築

基本的に住宅会社を選ぶ時には最初は複数社候補に入れておきましょう。
家造りプランが固まったら施工業者から見積もりを取って予算と比較します。
もしプランが予算オーバーをしてしまった場合には、どこか妥協したりしなければいけません。
見積もりは一般的に基本設計が終わった後と、実施設計が終わった後に取ることができます。基本設計後には概算見積書、実施設計後に本見積書を出してもらえます。
本見積書を確認した後に契約になりますので、複数社から見積もりを取ると良いでしょう。
これを相見積もりといいます。複数社の見積もりを比較することでやけに高い会社がないか、極端に安い会社だが大丈夫なのかなどを判断します。とはいってもあまりに多くの会社から見積もりを取ろうとするのは止めておいたほうがいいです。大体3~4社が目安です。先に住宅会社のHPなどを見て相談してみる会社を絞っておきましょう。本見積書には内訳明細書が付いてきます。工事の種類や範囲に金額などが記載されています。素人なのでなかなかわかりにくいかもしれませんが、しっかりチェックしておいたほうがいいです。合計金額を書かれていて、細かい内容が知りたい時には相手にその旨を伝えれば出してくれるはずです。相見積もりを取る時には条件をできるだけ揃えておく必要があります。
条件を揃えておかないと比較することができないためです。それと業者から見積書をもらっても他の業者には見せないようにするべきです。

Tags:

住宅会社選びは十分に

6月 22nd, 2011 | 住宅会社選びは十分に はコメントを受け付けていません。 | Posted in 新築

家を建てるためには住宅会社を探す必要があります。
住宅会社のなかにはハウスメーカー・工務店・設計事務所があります。
それぞれの会社に長所と短所があります。
ハウスメーカーは会社の規模が大きく安心感があります。
宣伝もたくさん行っていて、CMでよく見かける機会があります。
各地の住宅展示場にモデルハウスを建てています。
ですのでモデルハウスを見学することでその会社の雰囲気をつかむことができます。
短所としては値段が高いところです。
工務店は会社の規模は小さいです。
工務店はコストを抑えることが出来るので値段が安いです。
地域密着で仕事をしている工務店が多く、お客さんを大切にしています。
設計も比較的自由にできます。
現場上がりの社長が多いため、現場のことをよく分かっている場合もあります。
短所は小さい会社が多いので倒産する危険性が高いことと、宣伝をあまり行っていない会社もあり若干探しにくいことです。
設計事務所は設計が自由に行うことができます。
斬新なデザインやオシャレなデザインにすることができます。
第3者としての立場で施工会社と調整してくれます。
施工会社選びや見積もりが適正なのかなどをチェックします。
工事が設計通りに行われているか確認してくれます。
短所は施工をしないことと、打ち合わせや完成までに時間がかかることです。
どの会社にも長所と短所があるということで自分に適した住宅会社を選部場いいのではないかと思います。

Tags: