| Subcribe via RSS

住宅会社の候補は多めに

7月 11th, 2011 | 住宅会社の候補は多めに はコメントを受け付けていません。 | Posted in 新築

基本的に住宅会社を選ぶ時には最初は複数社候補に入れておきましょう。
家造りプランが固まったら施工業者から見積もりを取って予算と比較します。
もしプランが予算オーバーをしてしまった場合には、どこか妥協したりしなければいけません。
見積もりは一般的に基本設計が終わった後と、実施設計が終わった後に取ることができます。基本設計後には概算見積書、実施設計後に本見積書を出してもらえます。
本見積書を確認した後に契約になりますので、複数社から見積もりを取ると良いでしょう。
これを相見積もりといいます。複数社の見積もりを比較することでやけに高い会社がないか、極端に安い会社だが大丈夫なのかなどを判断します。とはいってもあまりに多くの会社から見積もりを取ろうとするのは止めておいたほうがいいです。大体3~4社が目安です。先に住宅会社のHPなどを見て相談してみる会社を絞っておきましょう。本見積書には内訳明細書が付いてきます。工事の種類や範囲に金額などが記載されています。素人なのでなかなかわかりにくいかもしれませんが、しっかりチェックしておいたほうがいいです。合計金額を書かれていて、細かい内容が知りたい時には相手にその旨を伝えれば出してくれるはずです。相見積もりを取る時には条件をできるだけ揃えておく必要があります。
条件を揃えておかないと比較することができないためです。それと業者から見積書をもらっても他の業者には見せないようにするべきです。

Tags: