| Subcribe via RSS

諸費用も考えよう

8月 29th, 2011 | 諸費用も考えよう はコメントを受け付けていません。 | Posted in 新築

住宅ローンを借り入れする時には諸費用が必要になります。

諸費用にはローン保証料、団体信用生命保険、登記手数料、火災保険や地震保険、融資手数料、印紙税、登録免許税があります。

ローン保証料は保証会社に連帯保証をしてもらう場合に必要になってきます。返済の期間や借り入れした金額によって値段が異なってきます。何十万円とかかります。一括で払う方法と住宅ローンに組み込んで支払う方法があります。

団体信用生命保険はローンを借り入れする時に加入する保険です。この保険に加入しておくことで万が一死亡した場合にローンの返済が必要なくなります。民間の金融機関で借り入れした場合には、ほぼ加入しなければいけません。

登記手数料は、抵当権設定登記の手続きをする時に代行してくれる司法書士に支払う手数料です。火災保険は返済が終わるまでの期間加入しておく必要があります。

地震保険は入らなくても良いのですが、もしもの時に備えて入っておいたほうがいいでしょう。火災保険に入っていても、地震が原因で起こった火災は保証されません。

そのような場合には地震保険に入っておくことで保証されます。

融資手数料には事務手数料などがあります。事務手数料は金融機関に支払うお金です。

印紙税は金銭消費貸借契約書に必要になります。500~1000万円のときは1万円、1000~5000万円のときは2万円になります。登録免許税は抵当権設定登記のときの税金です。

合計で大体住宅ローンの10%ほどが必要になってきます。

Tags: