| Subcribe via RSS

廃墟の夢

1月 11th, 2013 | 廃墟の夢 はコメントを受け付けていません。 | Posted in 住まいに関するあれこれ

大学時代に友人と肝試しに廃墟へ行ったことがあります。

その廃墟は、山奥にひっそりと建つ高級マンションでした。建設の最中に費用があわなくなり、建設がストップしてしまったようです。それからそのまま廃墟となりました。廃墟だけに中の雰囲気はものすごく怖く、なぜか人が住んでいないのに電気がついている箇所もありました。あまりの恐さに友人と大きな声で音痴な歌を歌いながら歩いたのを覚えています。

今では、その廃墟は取り壊されてしまったようです。廃墟というものは、これまでに何らかの形で人が出入りした場所です。そのため廃墟となっても様々な人の思い出が残されているものです。

夢占いにおいて廃墟は自分自身の過去の記憶や思い出を象徴します。昔体験した経験や思い出を思い出しなさいという夢からのアドバイスのようです。それらを思い出すことによって現在うまくいっていないことがうまくいくようになる可能性があるようです。知人が廃墟に立っている夢は、その人に何か大きな危機が迫る可能性を示しています。注意が必要です。

それ以外に、廃墟の夢は新しい恋の可能性を暗示しています。今まで失敗してきた恋をまた繰り返すのではなく、新しい恋をしなさいというメッセージのようです。過去の恋愛にとらわれ過ぎていないか、また同じような恋愛をしていないか、今一度振り返る必要があります。廃墟の夢を見た時は、これまでの思い出を思い出し、もう一度初心の忘するべからずの精神で行動する時期なのかもしれません。

Tags: , ,