| Subcribe via RSS

小上がりの和室

5月 6th, 2015 | 小上がりの和室 はコメントを受け付けていません。 | Posted in 住まいに関するあれこれ, 新築

従来に比べ和室のあり方が変わってきました。
以前は和室は客間としてリビングとは離して設けられていました。
しかし最近ではリビングの延長上に和室を設けるスタイルが人気になってきました。
その理由として客間にお通しするお客様はほとんど来ず、和室の使用頻度が低いことがあげられます。
もう一つ、リビングの開放感を増すためにリビングに続いた和室を設けるのです。

和室を個室にするのも、リビングの延長上に設けるのもどちらもメリット・デメリットあります。
両親が家に泊まる機会が多ければ個室の和室を宿泊ルームとして活用すれば、両親や泊りに来たお客様がゆっくりと宿泊できます。
しかし宿泊する機会がほとんどない家庭にとってはほとんど使わない和室となってしまうのです。
その点リビングの延長上に和室があれば使い勝手のいい空間となります。
子どもの昼寝の場所としてや、子どもの遊ぶスペースとして、時にママの家事ルームとして活用できます。
リビングと続いていることで親は和室で寝ている、遊んでいる子どもの様子を確認しやすいです。
またママが和室で家事をしていても子ども達は身近に親がいることで安心して遊ぶことができます。

個室としての和室とリビングの延長上に設けられた和室の中間にあたるのが小上がりの和室だと私は思います。
設ける場所はリビングの延長上なのですが小上がりにすることで和室とリビングの境をより明確に、個室としての印象も高くなると思います。
小上がりの和室にすることで畳の下の空間を収納スペースとすることもできますし、ちょっと腰をおろしたい時のイス替わりにもなります。
和室のあり方は生活スタイルに合わせて選択するといいのかもしれません。

Tags: