| Subcribe via RSS

キッチンに腰壁

1月 8th, 2016 | キッチンに腰壁 はコメントを受け付けていません。 | Posted in 住まいに関するあれこれ

我が家のキッチンには腰壁を設けました。最近では腰壁がなく、キッチンからフラットにカウンターが伸びているフルオープンキッチンが人気となっています。このキッチンスタイルは、リビングやダイニングとの繋がりをより感じられ、キッチンで家事をしながらでも顔を見て家族とコミュニケーションが取りやすいのが魅力です。きれいに片付いている時は魅せるキッチンとして存在するのですが、調理中や調理後の片付いていない時はその状況がリビングやダイニングから丸見えになってしまい見た目にいいものではありません。

私はそれに抵抗を感じ、キッチンの前に腰壁を設けました。腰壁を設けてもLDKの一体感を損なうことはほとんどありません。むしろ手元部分をしっかりと隠すことができるのでキッチンが片付いていない状態の時でもリビングやダイニングから見られることはありません。またこの腰壁を設けたことで、壁の厚みを利用して調味料入れのニッチを作ることができました。作業スペースに並べていた調味料をニッチ内に収められるようになったことで、作業スペースをより広々と調理がしやすいスペースとすることができています。

またこの腰壁を利用してカウンターを設けました。このカウンターがカフェのような雰囲気にもなっています。このカウンターではパソコンをしたり、将来的には子ども達のスタディコーナーとして利用させようと思っています。携帯を充電する時やパソコンをすることからカウンター上部にはコンセントを設けました。またスタディコーナーとしても利用させることからカウンターの端にはオープン棚を設けて、パソコンをしまったり、勉強道具を一時置きできる収納スペースとして利用させる予定です。キッチンに腰壁を設けたことでキッチン周りが充実した空間となっています。

Tags: