| Subcribe via RSS

家事コーナー

1月 29th, 2018 Posted in 住まいに関するあれこれ

洗濯物を洗う・干す・たたむ・しまうという作業が同じ空間で行うことができれば家事の効率が高まると思いませんか。最近ではこの夢のような空間が住宅に設けられています。主婦の憧れとも言える家事コーナーを設けて、家事の効率を高め家事の時短に繋げましょう。

この家事コーナーはキッチンと洗面室を繋ぐ形で配置することで家事動線が短く、そしてスムーズに行き来が行えるようになります。洗面室と家事コーナーは建具を設けず一体化させる造りにすることもありますし、建具で仕切って個室としても利用できるようにすることもあります。

家事コーナーをママの居場所として考え、家事や育児の合間にママの時間を大切にしたいという考えがあれば個室として利用できるようにしておくといいでしょう。洗面室と一体化させた造りにすることで行き来の際に扉を開けたり閉めたりするワンアクションが減り、移動のしやすさを確保できます。天井には室内物干しを設けておきます。悪天候時や花粉や大気汚染の飛来で屋外に洗濯物を干すのに抵抗を感じる日にはこの室内物干しが活躍します。

また、共働きで夜洗濯を行う家庭や、外出して帰宅が遅くなる場合にもこの室内物干しがあると毎日の家事を円滑に進められるのです。ここで干した洗濯物をたたんだり、アイロンがけを行えるようにカウンターを設けておきます。スペースに余裕がない場合は開閉式にして、利用する時だけ出して後は壁にスッキリと収めておくことで作業のしやすさが得られます。壁には天井いっぱいに広がるクローゼットを設け、タオル類だけでなく、下着や部屋着などもしっかりと収納できるようにしておけば入浴の事前準備も楽になりますし、家族にとっても着替えがスムーズに行えるようになります。このようなスペースを設けて、家事のしやすさを高め暮らしやすい家を目指しましょう。

Tags:

Comments are closed.