| Subcribe via RSS

子育てしやすい家

4月 18th, 2018 Posted in 住まいに関するあれこれ

女性は、家事や育児に加えて外で仕事を抱えている人も多いです。多くの女性が住宅に求めることの一つが、子育てしやすい家であることです。お互い安心できて、ちょうどいい距離感を保てる空間造りを心掛けたいものです。ママの多くは一日の大半をキッチンで過ごします。このキッチンからの目線に注目しましょう。

リビングやダイニングとの一体感を最優先に考えるのであればフルオープンキッチンがいいと思います。広さに余裕があれば部屋の中央にキッチンが島のように浮かぶアイランド型にするとキッチンへの動線がスムーズになり家事の効率を高められたり、家族がキッチンへより近寄りやすくなります。そのキッチンの前にダイニングを配置し、ダイニングの一角にスタディーコーナーを設けます。

夕飯の支度をしながら、目の前で子ども達が勉強している姿を確認できるので家事と育児の両立がしやすく、子どもも分からないところがあればすぐに母親に質問でき、勉強を円滑に進めやすくなるのです。子どもも母親もお互いのことを近くに感じながら安心して勉強や料理に集中できます。そして、ダイニングの奥には和室を設けておきます。ダイニングとリビングを繋ぐ回遊型動線の和室は、子どもが遊ぶスペースとしても最適です。キッチンで家事をしながら子どもが遊んでいる様子や昼寝の様子が把握できると母親は安心できるものです。

スタディーコーナーは子ども達が二人並んで勉強ができるように横幅を確保し、正面には時間割や学校からのプリント、家族からの連絡事項などを貼れるコミュニケーションボードを設けて、大事なことがしっかりと目に留まるようにしておくのです。家事を育児の両立がしやすい住まいを目指しましょう。

Tags:

Comments are closed.