| Subcribe via RSS

換気レジスター

3月 21st, 2013 | 換気レジスター はコメントを受け付けていません。 | Posted in 住まいに関するあれこれ

 24時間換気システムのため換気レジスターが各部屋に付いています。浴室暖房換気乾燥機が外の空気を換気レジスターを通して家の中に取り入れてくれる仕組みです。フィルターで花粉などを取り除いて新鮮な空気を取り入れてくれます。室内にたまった空気や臭いは洗面室・風呂場・トイレから排出してくれます。そうすることで24時間常に新鮮な空気が循環することになります。

トイレと洗面室の排気口のフィルターの汚れはすごいです。汚れといってもホコリですね。週に1階は取り外して掃除機で吸って洗っています。すぐにホコリは落ちますので作業は簡単です。

換気フィルターは取り外して洗うことが出来ます。びっくりするほどは汚れていませんが、やはり黒くなっています。中性洗剤で洗ってまた取り付けます。消耗品なので2年で交換です。問題は室内側にあるキャップです。2段階に調節できるようになっているのですが、その仕組みが微妙で、ふたが閉まりにくいです。「かちっ、かちっ、閉める」みたいなリズムなのですが、最後の「閉める」がなかなかできないのです。微妙な引っかかり具合なので閉まりづらいです。これがあることでの24時間換気システムなので、閉めることは想定していないからこの様な作りなのかもしれません。でも雪国で冬はほとんどの家で閉めているのではないかと思います。外気が勝手に入ってくるのですから。閉めると玄関や、キッチンからベランダへ出る扉がとても重くなりますが、どちらをとるかとなると、やっぱり暖かいほうになります。ですからキャップの開閉部分は改良してもらいたいと思っています。

Tags: